AKIRA NAKAMURA
Pro Baseball Player / Fukuoka SoftBank Hawks
中村 晃プロ野球選手・福岡ソフトバンクホークス
2019年シーズンのヒットの数は「34」中村晃はホークスで最ももがき苦しんだ選手の一人であろう。

2020年1月10日長崎で自主トレをしていた中村の表情は明るかった。時より笑顔で談笑しながら若手選手に声をかける姿は、新選手会長としての責任感だけでなく、心身の充実を物語っているようにも見えた。
昨シーズンからシエナのサポートを受け、食生活を見直した中村。この自主トレでは1年間戦うための体づくりだけでなく、1年でも長く第一線でプレーし続けられる用に、栄養士を帯同させ全ての食事のサポートを受けている。
にかく野球だけに集中できる環境が本当にありがた
サポートを受け始めたきっかけは?
きっかけは球団の関係者の紹介で始めました。僕も一人暮らしで食事面が結構大変だったんですが、そんな時に紹介してもらって管理して頂くようになりました。食事のことを毎日サポートしてくれるので、本当に助かっていますよ。
栄養に関して、本当に分からないことばっかりなので色んなことを教えてもらいながら、一から勉強しています。
サポートを受けての感想は?
この自主トレも付きっきりでやって頂いているので、すごく体調もいいですし、これを続けていくことが大事だと思っています。朝ごはんと夕ご飯はもちろんお昼は球場に弁当まで届けてもらっています。
若い選手もこういった食事に対する知識をあげたりすることで高いパフォーマンが出せるようになるので栄養面を勉強して欲しいですし、僕ももっともっと理解してやっていきたいと思っています。自分なりには若い時からやっていたんですけど、こういったサポートを実際にして頂くと、「自分のやっていたことが違っていた」って分かることもあるので、本当に勉強になります。
将来が期待される栗原選手などの反応はどうですか?
自主トレを始める前は、みんな好きな物をたくさん食べたいだろうから、食事管理された状態でやっていけるのかな?と心配していました。でも、みんな栄養士の前田さんにどんどん質問してますし、頑張って勉強しながら食べています。(笑)いいことだと思います。
シエナにさらに求めることはありますか?
この自主トレも助かっているんですが、シーズン中のナイターの終わりに栄養をしっかり考えてくれたメニューをとどけてくださるのでそこが一番助かります。今のサポートを今年1年間続けて頂くだけで本当に十分です。余計なことに気を使わずにプレーに集中できるというのは精神的にも楽ですし、一番のメリットですね。
選手会長になりますが…。
より一層責任感を持ってやっていかないといけないと思いますし、引っ張っていかないといけないと思っています。
とにかく体調をしっかり整えてシーズンに入っていきたいと思います。そして、今年は全試合に出場したいですね。体調が安定して全試合出れば成績は付いてくると思うので…。とにかく手厚いサポートをしていただいているので、しっかり結果を残してサポートしてくださっている皆さんに恩返ししたいです。
横で聞いていた栄養士の顔を覗き込みながら、中村は笑顔で目標を口にした。
寡黙な職人のイメージが強く、取材前は「正直近寄りがたいタイプの選手」だと勝手に認識していた。そのイメージはわずか10分の取材で一掃されたのと同時に、「中村晃選手を取材したらみんな晃のファンになる」と、ある福岡のテレビマンが言っていたのを思い出した。
2020年“中村の復活”をいちファンとして心から応援したい。
中村選手は自身のインスタグラムでシエナの食事をアップ
中村選手は自身のインスタグラム
シエナの食事をアップ
きっと成績を残すことが一番の恩返しになると思う
VIEW ALL ATHLETES
CONTACT
お問い合せ
092-402-3312
メールにてお問い合せ
ページトップへ